アジア情報局
語学情報

アジアを中心に、現在起きている”旬”な情報を満載!中国上海北京香港マカオ台湾シンガポールマレーシアなどなど政治・文化・
食事情・芸能人・映画等氣になったニュースを逐一発信していきます。エキサイティングでパワフルなアジア見ていくと世界が見えてくる!?

スポンサードリンク

カンニングもここまできた??

カンニングもここまできた?!

日本では滅多に耳にすることはなくなったが、中国ではカンニングが横行している。

大学受験に持ち込まれたカンニング用の小道具として、今まではポケベルや携帯電話が使用されていたが、

現在は無線イヤホンが主流になっているとか

受験生はこの小型無線イヤホンをつけて受験に臨んでいるみたいで、大学側もこのカンニングに対抗する措置として、

「作弊克」(カンニングに克つ)と呼ばれるハイテク機器を導入

親機から子機に向けて発信があれば反応し、

上海師範大学の大学院入試試験では既に4人の受験生を摘発した。

ただ、これだけカンニングが横行すると1台の「作弊克」では追いつかないとか。

カンニングすることに時間を割くのであれば、もっと勉強に割けばいいと思うのだが・・・

このイタチゴッコはいつまで続くのか・・

上海地下鉄全線貫通!

上海地下鉄9号線上海地下鉄9号線

(写真提供 新華社通信)


上海地下鉄、一期工事部分が全線貫通

上海地下鉄9号線

中国の交通網として新たな手段が出来上がった。

一昔前まで、中国の交通というと「自転車」をイメージしていたが、交通網も整備されつつある。

2008年に北京オリンピックも控えているということもあり、人の流れも多くなるに従って、

それに対応する交通手段が必然となっている。

今回行われた9号線1期工事は、松江新城駅から漕河新興技術開発区などの重要な地域を経て、宜山路駅までを結ぶ

全長は約31キロ

上海地下鉄9号線は上海市の交通網の中でも重要な路線となる

交通網の発達により、ますます経済も加速しそうだ
タグ:上海 地下鉄

揚子江が環境都市として生まれ変わる?!

中国は急激な経済成長を遂げているが、その半面、環境破壊にも悩まされている。

世界銀行によれば、世界で最も公害がひどい20都市のうち、16を中国の都市が占めるという結果が報告されている。

森林破壊、土壌浸食、砂漠化などが進む一方、大気、河川の汚染状況もひどいものとなっているみたいだ。

環境破壊が深刻になっているのを裏付けるように、上海近郊の揚子江河口にある崇明(すうめい)島=全体が、地球環境に配慮した「ドンタン(東灘)環境都市」として開発される予定だ。

この都市は環境に配慮されたつくりとなっており、島の電力は太陽光、風力などすべて再生可能エネルギーで供給。

島内は排ガスのない公共交通機関と自転車、徒歩で移動することとし、島としてカーボンニュートラル(吸収できる以上の二酸化炭素を出さない)を実現する。

島の4分の1は自然のまま残される。

ただ、上海では開発でグリーンやエコをうたうのは最近の流行」(映画監督のシュエン・ユエさん)など冷やかな見方もある。

いったいこの環境に対する取り組みはどこまでいくのだろうか、今後に期待をよせたい。


ブランドの影響力とは

中国各紙が19日に報じた内容によると、

上海市内で販売している有名ブランド衣料品の品質検査で

シャネルやアルマーニ、バーバリーなどの25品目を不合格と判定した。


同検査は、市内にある百貨店など27カ所に出店している

有名ブランド40社の衣料品59品目を対象に実施。


25品目が不合格となり、うち24品目が輸入品だった。


検査が不合格とした理由として、色落ちが激しかったり、表示に誤りがあったという。

不合格となったシャネルの衣類は、

布地の酸性・アルカリ性検査で「pH(水素イオン濃度)が基準値を超えていた」という。


アルマーニの革製上着とバーバリーのズボンは「非常に色落ちが激しい」と指摘している。  

中国の上海市工商行政管理局は

「一部の消費者がむやみに有名ブランドを崇拝している」

と指摘し、今回の検査で「高級・有名・輸入」のブランド品の質が必ずしも良くないことが証明されたと強調している。
 

中国ではこれまで「輸入品や外資系企業の製品は高品質」と信じ込む傾向が強かった。


しかし、最近では当局が外資系企業の製造した電気製品や食品などの問題を相次いで指摘し、

国民の間でも外国製品の質を疑問視する風潮が強くなっている。

上海の大劇場維持費1日9万元

上海、中国、劇場



やはり中国、とりわけ上海の経済発展は凄まじいものがある。

東方芸術センターは、上海大劇場、博物館、図書館に次ぐ大型の公共文化施設で、

運営開始からわずか1年半で全国にその名を轟かせるようになった。

フランスの建築家ポール・アンドリュー氏がデザインを担当しており、

海外の高級芸術劇場にも引けをとらない概観。

しかし、それ以上に驚いたのは、日常のメンテナンスにかかる費用である。

センター内部には陶磁製の装飾品が15万8000個以上飾られており

すべてを拭き終えるのに2ヶ月かかる。

4700枚のガラスは、1回洗うごとに4万元の費用が発生し、

1枚平均約8.5元かかる計算になる。

電気料金は管理費用全体の3分の1を占めており、

メンテナンスにかかる費用は1日平均9万元だ。

急激に経済が大きくなると維持する費用もばかにならないのを感じる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。