アジア情報局
語学情報

アジアを中心に、現在起きている”旬”な情報を満載!中国上海北京香港マカオ台湾シンガポールマレーシアなどなど政治・文化・
食事情・芸能人・映画等氣になったニュースを逐一発信していきます。エキサイティングでパワフルなアジア見ていくと世界が見えてくる!?

スポンサードリンク

中国の著作権侵害どこまで続く?

中国の著作権侵害どこまで続く?

中国のマイナスイメージとして、海賊版が浮かんでくるが、ここにきて顕著に現れているみたいだ。

中国でも動画配信サービスYouTueの人気はブレイクしており、

中国の大手IT調査専門会社iResearchによると、06年、中国のインターネットで動画コンテンツを視聴するユーザーは6300万人にも達した。

さらに10年には、その規模は1億8000万人まで発展すると予測されている。

その傾向に拍車をかけるように、動画配信の著作権侵害が目だってきている。

中国でも人気が高いのが、海外のドラマやアニメだが、

本国で放送された翌日には、もう中国語の字幕入りで中国本土で配信されている。

いやはや、中国の対応の早さには脱帽してしまう。

著作権侵害してまで配信する背景には、配信サービス会社のユーザー獲得が原因にあるのだとか

YouTueも著作権侵害に関して色々巻き込まれているが、中国もそのトラブルにどう対処していくのか。

多くの人口を抱える中国にとって、これからもっとインターネット人口は膨らんでいくであろう。

そうなると、著作権を含めた基本ルールが必要になってくる。

国際的なルールよりも、自分の利益を優先するということは、昔から見られたが、

経済成長著しい中、ビジネスの分野も先進国の仲間入りを果たすことは確実だが、しっかりルールを整備すれば、ますます発展してくだろう。
スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36682256

この記事へのトラックバック

徳島県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 徳島県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-03-08 07:24

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。