アジア情報局
語学情報

アジアを中心に、現在起きている”旬”な情報を満載!中国上海北京香港マカオ台湾シンガポールマレーシアなどなど政治・文化・
食事情・芸能人・映画等氣になったニュースを逐一発信していきます。エキサイティングでパワフルなアジア見ていくと世界が見えてくる!?

スポンサードリンク

カンニングもここまできた??

カンニングもここまできた?!

日本では滅多に耳にすることはなくなったが、中国ではカンニングが横行している。

大学受験に持ち込まれたカンニング用の小道具として、今まではポケベルや携帯電話が使用されていたが、

現在は無線イヤホンが主流になっているとか

受験生はこの小型無線イヤホンをつけて受験に臨んでいるみたいで、大学側もこのカンニングに対抗する措置として、

「作弊克」(カンニングに克つ)と呼ばれるハイテク機器を導入

親機から子機に向けて発信があれば反応し、

上海師範大学の大学院入試試験では既に4人の受験生を摘発した。

ただ、これだけカンニングが横行すると1台の「作弊克」では追いつかないとか。

カンニングすることに時間を割くのであれば、もっと勉強に割けばいいと思うのだが・・・

このイタチゴッコはいつまで続くのか・・
スポンサードリンク
この記事へのコメント
TBサンクスです。
学歴社会の歪ですよね。
韓国も中国も不正だらけですな。
国民性かもしれません。
Posted by 大盛り野郎 at 2007年03月19日 23:01
コメントありがとうございました。
アジアって激しいですね〜。
また、やり取りできるとうれしいです。
よろしくです。
Posted by silvwin at 2007年03月21日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36368002

この記事へのトラックバック

中国にはびこるカンニングのハイテク度
Excerpt: 中国・上海のこの冬の大学院入試で、受験生の耳の穴にすっぽり入る小型無線イヤホンによるカンニングに対抗する「作弊克」(カンニングに克つ)と呼ばれるハイテク機器が導入された。 しかし、それにしても、主流..
Weblog: もっとこんな日記ですが
Tracked: 2007-03-21 11:28

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。