アジア情報局
語学情報

アジアを中心に、現在起きている”旬”な情報を満載!中国上海北京香港マカオ台湾シンガポールマレーシアなどなど政治・文化・
食事情・芸能人・映画等氣になったニュースを逐一発信していきます。エキサイティングでパワフルなアジア見ていくと世界が見えてくる!?

スポンサードリンク

ブランドの影響力とは

中国各紙が19日に報じた内容によると、

上海市内で販売している有名ブランド衣料品の品質検査で

シャネルやアルマーニ、バーバリーなどの25品目を不合格と判定した。


同検査は、市内にある百貨店など27カ所に出店している

有名ブランド40社の衣料品59品目を対象に実施。


25品目が不合格となり、うち24品目が輸入品だった。


検査が不合格とした理由として、色落ちが激しかったり、表示に誤りがあったという。

不合格となったシャネルの衣類は、

布地の酸性・アルカリ性検査で「pH(水素イオン濃度)が基準値を超えていた」という。


アルマーニの革製上着とバーバリーのズボンは「非常に色落ちが激しい」と指摘している。  

中国の上海市工商行政管理局は

「一部の消費者がむやみに有名ブランドを崇拝している」

と指摘し、今回の検査で「高級・有名・輸入」のブランド品の質が必ずしも良くないことが証明されたと強調している。
 

中国ではこれまで「輸入品や外資系企業の製品は高品質」と信じ込む傾向が強かった。


しかし、最近では当局が外資系企業の製造した電気製品や食品などの問題を相次いで指摘し、

国民の間でも外国製品の質を疑問視する風潮が強くなっている。 スポンサードリンク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。